海外ドラマ

ドラマ「メイドの手帖」あらすじ紹介!原作はどんなストーリー?

●自叙伝を基にしたドラマ  ●心揺さぶる物語 ●アメリカドラマ

SNEAK PEEK: "Maid" on Netflix

「メイドの手帖」は2021年10月1日に配信開始されるネットフリックスドラマです。

ニューヨーク・タイムズ紙でベストセラーになったステファニー・ランドの

「メイドの手帖 最低賃金でトイレ掃除し”書くこと”で自らを救ったシングルマザーの物語」着想を得たドラマになります。

演は「ワンス・アポン・ア・タイム・ハリウッド」のマーガレット・クアリー。

今回は「メイドの手帖」のあらすじや原作のストーリーまで紹介します。

 

「メイドの手帖」の作品情報

公開:2021年10月1日

国:アメリカ

出演:マーガレット・クアリー、アンディ・マクダウェル、ニック・ロビンソン

 

予告編

 

まずは予告編からどうぞ!

 

簡単なあらすじ

 

ニューヨーク・タイムズ紙でベストセラーになったステファニー・ランドの

「メイドの手帖 最低賃金でトイレ掃除し”書くこと”で自らを救ったシングルマザーの物語」着想を得たドラマ。

掃除婦の仕事をしながら、爪に火をともすような生活を送るシングルマザーの半生を描く。

娘・マディのために、より良い暮らしを求めて虐待から逃れ、ホームレスから脱却したアレックス。

時に絶望しながらも強い意志を持った彼女の、豊かな感情とユーモアのある視点から描かれる。

母親の逞しさをリアルに映し出した、心揺さぶる物語。

Trailer for Netflix Series ' Maid ' : マーゴット・ロビーが仕掛け人をつとめて、マーガレット・クアリーとアンディ・マクダウェルの母と娘の共演を実現し、最低賃金でトイレを掃除し、書くことで自らを救ったシングルマザーの物語を配信シリーズ化した「 メイドの手帖 ...

 

「メイドの手帖」の注目ポイント!

 

アンディ・マクダウェル、タランティーノ作品に出演した娘とドラマ出演!

26歳のマーガレット・クアリーと63歳のアンディ・マクダウェルは今までに共演はなかったが

今回のドラマで初共演いている。

マーガレット・クアリー - Wikipedia

グレイヘアも話題に!63歳になったアンディ・マクダウェル、チャーミングな魅力を放ち続ける秘密(ヨガジャーナルオンライン) - Yahoo!ニュース

 

「メイドの手帖」というベストセラーを基に作られている

ニューヨーク・タイムズ紙でベストセラーになったステファニー・ランドの

「メイドの手帖 最低賃金でトイレ掃除し”書くこと”で自らを救ったシングルマザーの物語」に着想を得た作品。

 

Maid: Hard Work, Low Pay, and a Mother's Will to Survive: Land, Stephanie, Land, Stephanie, Ehrenreich, Barbara: 9781549173950: Amazon.com: Books

本語にも翻訳されています。

メイドの手帖 最低賃金でトイレを掃除し「書くこと」で自らを救ったシングルマザーの物語: 9784575315585: Amazon.com: Books

 

原作はどんなストーリー?

 

「私の娘はホームレスシェルターで歩くことを覚えた」という一文から始まる苦闘の物語。

20代のシングルマザー、ティファニーは「メイド」の仕事で生計を立てていた。

メイドは依頼人から最低賃金で請け負う掃除の仕事。

床磨きから荷物の整理、バスルームやトイレの掃除、、ハウスクリーニングの仕事と一言で言ってもその内容は多岐にわたる。

「メイドの手帖」は、著者ステファニー・ランドの回想録であり、手記であり、同時代を生きるシングルマザーの物語である。

+ ネタバレはこちら

彼女は常に貧困、ホームレス生活、DV、生活保護、病気や福祉の不備に脅かされていた。

ミアの父親ジェイミーとの関係を修復することが今の最悪な状況から抜け出す手段だと思い試みるが、うまくはいかない。

両親は遠くに住んでいること、そして元々母親とは複雑な関係であった。

貧しい生活の中で頼りになるのはピーナッツバターとインスタントラーメン、マクドナルドのハンバーガーは贅沢品だった。

週に二十五時間働き詰めても、常に生活費は足りない。

孤立無援のなか、どうにかして得たのが清掃会社が派遣するプロの清掃員の仕事だった。

驚くべき観察眼で綴られるメイドとしての日々。

住人の在を通じて生活の様や人物像が語られる展開はスリリングでさえある。

ベッドの様子やナイトスタンドに残されたティッシュ。家庭内別居中らしい夫婦のベッドルームに置かれたポルノ雑誌や恋愛小説。

また、トイレのあちこちに落ちている陰毛、ごみ袋に詰まったタンポンやコンドーム、鼻をかんだティッシュ、

髪の毛のかたまり、バスルームのカビ……おぞましい細部が、メイドという過酷な仕事を物語る。

ステファニー自身、元々膝と肘の痛みを抱えていたため、裕福な「シェフの家」で鎮痛薬の大きなボトルを見つけると

思わずポケットに入れたい衝動に駆られることもあった。時にはカシミアのカーディガンをうっとり羽織ってみたり。

メイドはどこの家でも透明人間であることを要求されるが、その目撃者でもある。

ステファニーは、書き綴ることによって自身を極限の窮地から救い出したのだ。

人間が生きてゆくときの困難と希望がみっしり詰まっている作品。

 

感想

 

正直、見ていて辛いシーンがあったりやもどかしさを感じる事が多かったドラマでした。

というのも彼女が精神的虐待を受け、そこから娘と違う環境で自立をするということは

容易に出来ることではありません。しかしその上に両親も問題を抱えており、両親にも助けてもらえない。

仕事をもらうにも制度を利用するにも一つ一つ困難が待ち構えている、そんな境遇が実際にあり

描くにはリアルなのかもしれませんが、ただただアレックスが可哀相に思えました、、。(笑)

そして私は個人的に母・ポーラにイライラしてしまいました(笑)

彼女も病気を患っており、アレックスに対する対応、言動が本心でないこともあるんでしょうけど

それにしても娘・孫を更に苦しめているように見えてなりませんでした。(笑)

(完全に個人的な感想です)

しかし、うした政府の制度の不備や、精神的DVの理解への問題

々な問題を抱えながらも娘のために戦い続け、働き続け、自分の夢を追いかける様は

最後見ていて報われたように思えました。

 

簡単にお勧めできるようなドラマではないですが

女自身の人生から学びは数多くあると思える作品でした。

 

まとめ

 

今回ベストセラーの自叙伝、「メイドの手帖」を基にしたドラマのあらすじ・原作ストーリー、また感想をご紹介しました。

親子共演や原作との違いなど注目して見てみてくださいね。

 

 

-海外ドラマ

© 2021 Movie Night with Netflix Powered by AFFINGER5